資料ダウンロード

無料体験お申込み

お問い合わせ

eラーニング講座

【医療概論編】医療の法的責任

【医療概論編】医療の法的責任

講座内容

医療は強力な法的規制下に置かれている。
まずほぼすべての医療従事者には名称独占および業務独占、あるいはその両方が課せられており、プロフェッショナルとしての独占性が極めて高く設定されている。
また医療提供という事業に注目しても刑法・民法・医師法・医療法・健康保険法と多岐にわたる法令の規制を受けている。
ここでは診療領域に限定して、われわれ医療者にはどのような法的責任が課せられているのかを階層化して解説する。
その階層は基本側から、違法性の阻却、注意義務、説明義務・守秘義務、人格権の確保となっており、優先順位が存在する。
このことを理解することによって、多種の責任要因が複雑に絡み合う臨床現場においても、迷うことなく的確な選択・判断を行うことができる。
なおそれぞれの義務の詳細については個別のコースを用意しているので、そちらを参照されたい。

お問合せ・無料体験お申込みはこちらから!

学習時間:80分

対象:非医療系医療機関職員および医療従事者全般

講座詳細

01: 【医療概論編】医療の法的責任 1.医療が法的規制下にある理由

https://ruuun.jp/course/detail/16638

02: 【医療概論編】医療の法的責任 2.診療における医療の法的責任

https://ruuun.jp/course/detail/16639

03: 【医療概論編】医療の法的責任 3.医療の法的責任と社会との関係

https://ruuun.jp/course/detail/16640

参考動画

この動画を利用したい方は
こちら

プラン一覧プラン一覧 無料体験申込み無料体験申込み